スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯さん哉(ネタばれあり)

2007.10.24.Wed.08:46
こーたの誕生日ということを忘れてとってしまったチケット
パルコ劇場「犯さん哉」を昨日見てきました(笑)
ぬのしゃんとペンギン
     フォト
このキャストすごいですよねぴかぴか(新しい)
・・・・・・と演出がケラさんってことをすっかり忘れて買ってしまった(笑)
いやな予感はしてたんだよなあげっそり

物語は貧しい家庭に育ったアラタ少年(古田さん)が作家となっていく一代記ダッシュ(走り出す様)
・・・・・っていってもストーリーなんて
          あるようなないような(笑)

ケラさんって私が思うにとっても歪んでる人だと思う。
美しく感動するような観客が喜ぶ舞台に抵抗を持っていて、
そうさせてなるかって思ってるかは知らないけど
観客の予想を裏切ることに陰で舌を出して喜んでるような感じむかっ(怒り)

あれだけのキャストにこれでもか~ってくらいバカバカしいことをさせてる。
とても下品ダッシュ(走り出す様)まったくかみ合わない会話の羅列ダッシュ(走り出す様)
支離滅裂なストーリーむかっ(怒り)
おしっこ・ウンチネタ・お尻出しダッシュ(走り出す様)
意味のない衣装替えの多さむかっ(怒り)
キャストはへとへとでしょう泣き顔
野田さんに喧嘩を売ってるような意味のない言葉遊び衝撃
蜷川さんに抵抗してるかのごとくラストの古田さんのオレステスのセリフ衝撃
たくさん仕込んであるフェイントむかっ(怒り)
観ていていろんなことに腹がたちとても不快衝撃

野田さんもTHE BEEで
「いい夢志向の観客が劇場を支配しているようだ。私はそれが気に入らない」「この芝居を見ても感動できません。感動させてなるものかという心意気で作っています」
とパンフレットに書いてます。
でも芯がしっかりしてて野田さんの言いたいことが伝わってくるぴかぴか(新しい)
ケラさんの場合は支離滅裂ダッシュ(走り出す様)
観客のことを考えてない。お金をもらってることを考えてないダッシュ(走り出す様)
この舞台をみていて自分がどこにいるんだっけexclamation & questionってなにしてるんだっけexclamation & questionって思いながらみてた。
まさしく居場所をなくした観客。
観客置き去り式の芝居は労働者Mにも通じるものがあった衝撃

このバカバカしい舞台を熱演しているキャストに拍手を送りたい手(パー)
みていて気持ちいいくらいイッちゃってますダッシュ(走り出す様)ハジけてますダッシュ(走り出す様)
そして笑えます(笑)
この笑いはキャストの役者魂の賜物ぴかぴか(新しい)
古田さん・大倉さん・犬子ちゃん・入江さんの絶妙な笑いはもちろんいい。
古田さん。衣装はほとんどパンツ一丁(笑)
グッド(上向き矢印)
アベサダちゃんのパンツ一丁もいいけど、古田さんもなかなか(笑)
大倉さんもお尻出したり大変(笑)
神様の「理屈じゃないから」に笑えました。
犬子ちゃんは相変わらずうまいですねダッシュ(走り出す様)
あのシュールな不条理な感じに笑いも絶妙
入江さんもたぶんアドリブで言ってるところが面白い衝撃
キルにも出てた山西惇さんもいい声していてさすがだなあって思った。
八十田さんもいい味出してるし、
りの君のオスカー役の姜君。下着姿の女装でびっくりした。
中越さんはダブリンのときより上手になってたかなあ。
これだけのキャスト・・・・・もったいないげっそり

そしてこの怒りにまかせて書いた日記が一回消えてしまい(笑)
再度怒りながら書いていること自体
ケラさんの策略にはまったようで
        すごくムカつくちっ(怒った顔)


*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+**+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

フォト
怖いようあせあせ(飛び散る汗)ボク悪いことしたexclamation & question
スポンサーサイト

キャバレー(ネタばれあり)

2007.10.12.Fri.00:33
「ミュージカルはあんまり好きじゃない」と言っておきながらミュージカルづいてる私(笑)
今日も行ってきました
青山劇場電車 ぴかぴか(新しい)キャバレーぴかぴか(新しい)
      フォト
【演出】 松尾スズキ
【出演】 松雪泰子 阿部サダヲ 森山未來 小松和重 村杉蝉之介 
    平岩紙 / 秋山菜津子 他

わたし ミュージカルのキャバレー…まったく知らないんですあせあせ(飛び散る汗)
でもこのキャスティング見るだけでもすごいですよねぴかぴか(新しい)

青山劇場と言えば、野獣郎ぴかぴか(新しい)吉原御免状ぴかぴか(新しい)と思い出深い場所ハート達(複数ハート)
よく通ったよなあ・・・・(遠い眼)
誠サマにポワーン目がハートとしながら、友人と劇場前のファミレスでためいきついてたよなあダッシュ(走り出す様)
(まるきり怪しい人)
今日時間があったんで友人とそこに行ったら、違うお店になってたあせあせ(飛び散る汗)
確実に時間は流れてるねげっそり・・・・

さてさて本題のミュージカルキャバレームード
物語は1929年 ナチス台頭前夜のベルリン、
キャバレー「キットカットクラブ」が舞台。
そこでは退廃的なショーと刹那的な恋の駆け引きが繰り広げられている。
ショーの花形の歌姫サリー(松雪さん)
アメリカから小説の題材を探す旅でベルリンに降り立った作家のクリフ(森山君)
二人は恋に落ち一緒に暮らし始める。
クリフの下宿先の大家のミス・シュナイダー(秋山さん)と果物屋のシュルツ氏(小松さん)のロマンスもハート達(複数ハート)
しかし迫り来るナチスの脅威はユダヤ人であるシュルツを追い詰め
そして、サリーとクリフにもナチスの不吉な足音が忍び寄る・・・・。
といった話。
アベサダちゃんは、ショーの司会役のMCぴかぴか(新しい)
これが現実とも幻想ともつかないストーリーテラー的な存在ぴかぴか(新しい)

頭はモーツアルト(爆)バッド(下向き矢印)
       フォト
これがかわいいハート達(複数ハート)客席いじりまくりで、ちと浮き気味(笑)
それすらも楽しいハート達(複数ハート)
秋山さん演じるミス・シュナイダーは50代のオールドミスダッシュ(走り出す様)
てっきり妖艶な踊り子さんを想像してたからびっくりげっそり
しかし魅せてくれました~exclamation ×2
見事に老け役をコミカルにお茶目に演じてました。
しかし引き出しの多い役者さんですねえぴかぴか(新しい)
歌はうまいし、きれいだし、スタイルもいいしほんということなしexclamation ×2
相手役のシュルツ氏が小松さんというのもビックリですが
二人のシーンは微笑ましく、そして大爆笑
いやあ、パイナップルには笑った笑ったわーい(嬉しい顔)
久々に涙が出るほど笑いました~。
松雪さんはやはり美しくセクシーキスマーク
森山君は歌が思ってたよりとてもうまく、さすが踊りがうまいですね指でOK
彼は歌って踊ってこそ舞台で映えるなあって思いました。
あんまり見せ場がなくてかわいそうでしたあせあせ(飛び散る汗)
しかし主役の二人の年齢差を感じてしまい愛を感じれなかったなああせあせ(飛び散る汗)
ちょっと二人が弱かったexclamation & question(ていうか、秋山&小松組にやられた)
恋におち時代に翻弄されて別れを選択した二人。
それでもショーで歌い続けるあそこでしか生きれない
サリーの悲しみがあんまり伝わってきませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
一幕は2時間くらい、二幕目が50分くらいexclamation & question
どうなるんだろうって思いながら、
「えexclamation & questionこれで終わりexclamation & questionって感じ。
でも戦争色やユダヤ人の悲劇なんかはほとんど描写してなかったから
暗くならなくてよかったかもあせあせ(飛び散る汗)
十分楽しめました指でOK
劇場には特ダネの笠井さんや、長塚さんがいました
はあ~できれば最前列で
サダちゃんにイジラれた~いげっそり


*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+**+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:
さて今年も散歩コースにコスモスがきれいに咲いてました
去年も撮りましたねえ。もう一年たったんだあせあせ(飛び散る汗)

フォト
グッド(上向き矢印)before(1歳)

フォト
グッド(上向き矢印)after(2歳)
あんまり変わってないexclamation & question

ヴェローナの二紳士(ネタばれあり)

2007.10.07.Sun.00:01
行ってきました走る人グローブ座
イケメンパラダイスの勢いぴかぴか(新しい)に乗って電車
生田トーマ君の舞台
ヴェローナの二紳士
を見てきました
exclamation ×2なんとマチソワはしごでげっそり
勢いって怖いなああせあせ(飛び散る汗)ほっとした顔

フォトフォト
【出演】生田斗真 西原亜希 柏原収史 垣内彩未 貴城けい 他
【原作】ウィリアム・シェイクスピア
【脚本・演出】Glen Walford (グレン・ウォルフォード)
【ストーリー】強い友情で結ばれていたヴァレンタイン(生田)とプロテウス(柏原)。ある日ヴァレンタインは勉学に励むためミラノへ旅立つが、そこでミラノ公妃(貴城)の娘、シルヴィア(西原)と恋に落ちる。一方、父親の命令で、恋人のジュリア(垣内)を残し、親友の後を追うようにミラノへ旅立ったプロテウスもまたシルヴィアに一目惚れしてしまい……。


グローブ座ははじめてですexclamation ×2新大久保駅から迷ってやっと到着あせあせ(飛び散る汗)
周りにデパートもなんにもなくて時間潰すのに困りましたげっそり
コリアタウンらしく韓国料理の店が多く街行く人も韓国語が多いみたい。

マチネは三階席だったんですが 深く腰掛けると全く舞台がみえずむかっ(怒り)
係員は前屈みにならないようにいうけど
それじゃ全くみえないっつーのむかっ(怒り)
シェイクスピアの初期の喜劇らしいけど
服装はジーンズだったりわかりやすい内容で楽しめました。
キャストを見た時 初舞台の若い俳優ばっかりで一抹の不安を感じてたんですけど、
歌あり笑いあり。それなりに楽しめました
物語自体ははフツーで 「まっこんなもんか」ってくらいかな(笑)
どうもミュージカル調の間がイラつくむかっ(怒り)
ああ~っげっそりって身振り手振りいれた
オーバーな芝居はムズムズする(笑)

まあ心配してた初舞台組は悪くはなくそれなりに頑張ってました。
プロテウス役の柏原君は、初舞台の割に結構いい声してました。
あとパンテーンのCMのシルビア役の西原さんも初舞台なのにそう感じさせない演技でした。なにより20歳とは思えない大人っぽさぴかぴか(新しい)
あと、砂時計のフジ君の妹役だった垣内さんもいい味出してました揺れるハート
かえって公爵婦人役の貴城ケイの女役の喋り方がハナについたかなああせあせ(飛び散る汗)男役っぽいし。
さてさて我らがトーマ君exclamation ×2
歌あり笑いあり頑張ってました指でOK
舞台は思ったより客層は年齢高かったから ギャラリーの浮ついた感じなかったし(笑)
初日はカミまくってたらしいけど、今回は大丈夫でしたよぴかぴか(新しい)
恋に溺れて悩めるヴァレンタインを熱演してましたが、
なんかあんまり見せ場がなかったなああせあせ(飛び散る汗)
かえってプロテウスの方がシルビアにヒトメボレしてヴァレンタインを陥れる画策をしたり、
恋と友情の狭間で苦悩する様が演じ甲斐があるかもなあ。
でも裏表のない真っ直ぐなバレンタインを熱演してましたハート達(複数ハート)
存在感あります指でOK
初日にはいのうえさんが来てたらしい。
新感線で主演する日も近いexclamation & question
彼の演技は新感線で生きると思う指でOK絶対exclamation ×2

ソワレは前から4列目のドセンターわーい(嬉しい顔)
いやいや~あせあせ(飛び散る汗)いい席で堪能致しましたハート達(複数ハート)
目の保養ハート達(複数ハート)いやいや若いっていいですなあむふっ
グッド(上向き矢印)
おばちゃん的感想あせあせ(飛び散る汗)

舞台にワンちゃん犬(本物)がずっと出るんです
これがお利口さんで、観客の笑いを結構とっている指でOK
あんなにギャラリーがいるのにおとなしくいい子にしてて
お座りするし、一回もなかないぴかぴか(新しい)
しかし犬で笑いをとるって、ちょっとやり方としては
どうなのかなあ・・・・。

ストーリー展開があっという間に恋におち、友人を裏切り仲たがいしたのが最後は仲直りして、恋人ももとさやにおさまるという安易なストーリー展開だったし。
ミラノを追放されて山賊のボスになっちゃうところも笑えた(爆)
なんかしっくりきませんでしたが、まっこんなもんか(笑)
*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+**+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:

フォト

ボクだって舞台にたてるよ
笑いもとれると思うよ指でOK

グッド(上向き矢印)
本犬はライオンキングのつもり(笑)

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。