スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「狭き門より入れ」(ネタばれあり)

2009.09.03.Thu.09:35
「狭き門より入れ」パルコ劇場
フォト
作・演出:前川知大
出演:佐々木蔵之介 市川亀治郎 中尾明慶 有川マコト
   手塚とおる/浅野和之


「世界の更新」が目の前に迫っているとしたら…
混沌の世界に救いの道は残っているのだろうか、
絶望の果てにみえるもの、それは希望の光…!


前作「奇っ怪~小泉八雲から聞いた話」ではじめて知った前川ワールド。
とてもよかったので今回行ってきましたダッシュ(走り出す様)
そして何よりこのキャストexclamation ×2浅野さんはいるし手塚さんもぴかぴか(新しい)
客席にはナルシー・・・・・はいなかったけど(笑)
なんと蒼井優ちゃんがいましたハート達(複数ハート)自然な感じで笑顔がキュートでしたハート達(複数ハート)
今回の席はオケピで譲っていただいたK列センターぴかぴか(新しい)
舞台全体が見渡せるとてもいい席でしたハート達(複数ハート)
パルコは前方より後ろの方がよく見えますよね~。
関係者席が近いのでドキドキでしたがそれらしき人は見当たらずあせあせ

客席に入ると舞台上にコンビニの店内が。
商品も陳列していてリアルなどこにでもありそうな店内の風景。

眠ったまま起きないという奇病が日本中で流行しており、
人々はどこか不安な気持ちにさらされている。
物語は万引き青年・魚住(中尾明慶)そのコンビニに入り浸る客の時枝(浅野和之)
店長雄二(有川マコト)
のやり取りから始まります。
そこに帰ってくる店長の兄の天野道彦(佐々木)
会社のエリートだったはかつて時枝をリストラした過去があった。
しかし道彦も会社に切り捨てられ実家の経営するコンビニに帰ってきた。
そこで時枝は万引き少年にコンビニ強盗をけしかけ、
少年が奪った鍵束をレジに差し込んだ瞬間、
世界がグニャリと反転した。
コンビニのレジのキーを起点に世界が
「こっち側」「あっち側」に変わる門の役割を果たしており
あっち側の世界の葉刈(市川亀治郎)と正体不明の男・岸(手塚とおる)が現れて、
どうやら世界は3日後に更新されるらしいことを知る・・・・。
・・・・・・・といったお話。

舞台転換はないのですが映像をうまく使って、
コンビニ店内がグニャリと歪んであっちの世界になったことを表現してました。
何が起こるんだろうとドキドキ衝撃ワクワクハート達(複数ハート)
シリアスなお話かと思ったら笑いが結構織り込まれていて。
その笑いのバランスが絶妙です。これも奇っ怪にも通じることだけど。
しかし壮大な前川ワールドぴかぴか(新しい)
ちょっと情報量が多すぎて難解なところもあったけど、
もし3日後に世界が変わるとしたら何をするかexclamation & questionとか
家族のあたたかさとか、人生の選択とか考えさせられる内容のお話でした。

「廃墟は放置された死体を連想させるが、つぶれたコンビニはどういうわけか死の匂いが強い」
とパンフにも前川さんが書いていたけど、そういった発想から広がる世界観がすごいなあぴかぴか(新しい)
二つの世界を行き来する話の展開は、野田さんの「走れメルス」をなんとなく彷彿とするものがあったけど。

キャストみんないい味を出してました。
浅野さんは横領に加担して会社を追われたちょっとくたびれたおじさん役。お茶目な面もあり、ちゃっかり道彦の三千万を手にしているあたりも笑えます
手塚さんはミステリアスな謎の男。黒づくめの服で身のこなしは猫みたい。音がしないんです。デスノートに出てくる悪魔みたいなイメージ。ニヒルな役がぴったり
スカシた蔵之介(笑)は、思ったより悪くなかった。
オーバーアクション気味だけど、結構笑いもイケてる指でOK
ただ声が何言ってるかわからないところがあって、あと喉が弱そうですね。
一番良かったのが 道彦の弟役の店長の雄二(有川マコト)。
小劇場出身の方で前川作品の常連らしいですが、素朴でどこにもいそうな感じでありながら、笑いの間が絶妙でした指でOK
コンビニに異世界へのゲートがあるといった事情をまったく知らず、
訳が分からない困惑した感じが笑えましたわーい(嬉しい顔)
亀治郎さんはなんか身のこなしに違和感が(笑)
得体の知れない役だからキャラにはあっていたのかもexclamation & question
中尾君舞台は二回目らしいけど(前作は金八先生(笑))いまどきの若者らしさがでててよかったです

異世界の物を食べると、元の世界の大切な人に姿は認識されても、誰なのかがわからなくなる。
兄弟でおにぎりをほおばるシーンがあるんですが、
弟は隣にいる人を兄だとは認識していない、けれど兄はどんな人だったと覚えてはいる。
その会話のすれ違い、温度差があって。
小さい弟を愛でるように頭をなんども撫でる兄に、「もっとこうしてやればよかった」といった今までの人生の後悔のようなものを感じてジーンとしてしまいました。
世界に終わりが来るとしたら何がしたいかexclamation & question
大切なものは何なのかexclamation & question

考えさせられるお芝居でした。

+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;:+**+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
フォト
狭き門ってどこからはいればいいのexclamation & question
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。