スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印獣(ネタばれあり)

2009.10.23.Fri.09:55
印獣
フォト
作 宮藤官九郎
演出 河原雅彦
出演 三田佳子/
生瀬勝久・池田成志・古田新太/
岡田義徳、上地春奈


ねずみの三銃士第二回目公演。
前作「鈍獣」でクドカンさんは岸田國士戯曲賞を受賞しています。
残念ながら舞台では観ていませんが、時間を戻して解明していくストーリー展開に
衝撃を受けたのを覚えています。
そして5年ぶりのこの公演すごく楽しみにしてましたムード

「印税生活してみませんか?」
という一通の黒い招待状を手にした3人の男たち。
ケータイ小説作家の飛竜(生瀬)、絵本作家の上原(ナルシー)、風俗ルポライターの浜名(古田)。
様々な事情を抱えた3人は「印税」というエサに釣られて山奥の洋館にやってきた。
そこに現れたのは、自らを女優だと語る長津田麗子という女主人(三田)
「芸能生活45周年を記念して、私の自叙伝を書いて欲しい」という。しかし3人の作家たちには長津田麗子という名前にも聞き覚えがなければ、その顔さえ見覚えがない。即座に麗子の依頼を断ろうとするが、監禁されて、無理やり執筆を開始することになる。

期間は1ヶ月、成功報酬は3人合わせて2億2千5百万円。逃げ場のなくなった3人は、唯一の手掛かりである書庫の資料を元に、それぞれが麗子の半生をでっち上げていく・・・・・・・・


といった話。

3人が監禁から解放されたい一心で部屋にある資料をもとに書き上げた麗子の物語を再現しながら物語は進んでいくのですが、
物語は全くの創作なのかexclamation & question事実なのかexclamation & question
関係ないと思われた3人が実は麗子と過去につながりがあったといったストーリー展開は、
クドカンならではだなあって思いました。
再現ストーリーで三田さんが、小学生の役をやったり(笑)
セーラー服を着たりコスプレやったりと
ある意味大女優にあそこまでやらせたクドカンはすごい(笑)
三田さんがあれをやったということでこの舞台の目的は達成されたんでしょうが・・・・・・。
正直なんか物足りなかったです。
というのも歌も笑いどころも、
キオスクのおばちゃんも
み~んな三田さんがやっちゃって(笑)

三銃士自体があんまり生かされてなかったように思ったのは
私だけでしょうかexclamation & question
まあ、三田さんがメインだから、しょうがないのか・・・・・・。
三田さん67才なんですねげっそり
若くてびっくりexclamation ×2三田さんの小学生役なんかかわいかったです(笑)
でも凄味が感じられず・・・・・あせあせ(飛び散る汗)
声なんですかねexclamation & question腹から出てる感じがしないので
私には伝わるものがありませんでした・・・・・あせあせ(飛び散る汗)

びっくりしたのは古田さんがすごく痩せたこと(笑)
ちょっと得意げにビキニ姿を披露してましたぴかぴか(新しい)
そしてびっくりしたのは、
ナルシーのメタボなお腹(笑)

後半はなぜかちびTシャツでおなかがぽっこり出た衣装でずっとやてるんで
お腹ばっかりみちゃったよ(笑)
古田さんみたいなポンポコリンなお腹なら笑いが取れるものの、
なんか中途半端(笑)

再現ストーリーでいろんな役を演じている三銃士が堪能できます(笑)
辛口ですいませんあせあせ(飛び散る汗)
実は勤務希望が通らなくて、徹夜明けで一睡もしないで見に行ったので
十分楽しめなかったのかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)

長津田麗子は本当に実在したのかexclamation & question
みてくうちになんだか狐に化かされたみたいな3人の想像の産物のようにも思えたり。
取りつかれたように小説を書いている飛竜(生瀬さん)がちょっと怖かったです。
しかし三田さんを中心にそえて、ここまでお話を膨らませるクドカンの想像力ってすごいなあ・・・・・と思いました。
+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+**+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
さて良くなっていたと思っていたこーたの膀胱炎(笑)
またしてもおもらしをしてしまいあせあせ(飛び散る汗)
フォト
フォト
きょう誕生日なのにね~泣き顔あせあせ(飛び散る汗)
スポンサーサイト

蛮幽鬼(ネタばれあり)

2009.10.07.Wed.21:23
台風が近づく雨の中行ってまいりました電車
蛮幽鬼
フォト
【作】中島かずき
【演出】いのうえひでのり
【キャスト】上川 隆也 稲森いずみ 早乙女太一 橋本じゅん
高田 聖子 粟根まこと 山内 圭哉 山本  亨 千葉 哲也
堺  雅人
ほか
【あらすじ】
遠い昔。
豪族が群雄割拠する中、ようやく一つの国になりつつある島国・鳳来の国と、長い歴史を誇る大陸の国・果拿(かだ)の国があった。
鳳来の国の若者四人は、国をまとめるための精神的支柱として蛮教(ばんきょう)を修めるために果拿の国に留学するが、その中の一人、伊達土門(上川)は無実の罪を着せられ監獄島に幽閉される。
10年の歳月が流れ、閉じ込められていた土門は脱出を試みようと壁を掘り進めるうちに、鎖で壁につながれた男がいる牢にたどり着く。
土門に助けられた男(堺)は復讐に協力することを誓い、二人で脱獄する。

それから一年ほどの後。
鳳来の国では、飛頭蛮(ひとうばん)という僧が唱える新しい蛮教が興隆をみせていた。
その飛頭蛮を、大王の后が、彼女を守護する刀衣(早乙女)を伴って訪ねてくる。
その后とは、土門と将来を誓いあった美古都(稲森)だった



このおじいち
ゃん誰exclamation & questionフォト
って思いませんでしたexclamation & question(笑)
上川さんだってびっくりexclamation ×2
そしてなんといっても「微笑みの貴公子」(笑)
堺さんが出るんでものすごく楽しみにしてましたexclamation ×2

新感線久々の中島かずき作品ぴかぴか(新しい)
いやあ、面白かったですexclamation ×2
アテ書きと思えるくらいキャストがハマっていて
劇団員もいい使い方されてました指でOK
ストーリーはとても分かりやすく、
仲間に裏切られ陥れられ復讐の鬼と化した土門が、
牢獄で出会った殺しの名手サジ(堺)と脱獄し
陥れた者たちへ次々と復讐を遂げていく・・・・・といたストーリー。
音楽もよくて涙腺を刺激します泣き顔

いやあ。久々に興奮しましたダッシュ(走り出す様)
さて私の好きな堺さんハート達(複数ハート)
新撰組の山南さんにハマってから、彼の舞台に行くようになりましたが・・・・・。
喪服の似合うエレクトラ以来、舞台ではあんまり「これexclamation ×2」といった役がなくバッド(下向き矢印)不満でしたダッシュ(走り出す様)
さすがいのうえさんexclamation ×2指でOK
「これがみたかったのよexclamation ×2目がハートってくらい役にハマってましたハート達(複数ハート)
微笑みを逆手に取りましたなウインクうまいexclamation ×2
そして意外な発見は、
運動音痴と思いこんでいた堺さんの身体能力ぴかぴか(新しい)

堤さんと比べちゃうとイマイチだけど、あれだけの激しい殺陣で
息ひとつ乱さず、汗もかいてなく。
涼しい笑い雪
あの微笑みがかわいくみえて、
しかしとても怖い
笑顔で残虐に人を殺す衝撃
得体のしれないサジという男を演じてましたぴかぴか(新しい)
羊たちの沈黙のレクター博士みたいだなあって思っていたら
パンフに中島さんもそのこと書いてあって、イメージしていたみたいです。
クールで、人を殺すために生まれてきて、一族に彼も陥れられて
人を憎むことでしか生きて来れなかった男。
なんか切ないなあたらーっ(汗)
あんまり好きじゃない上川さん(笑)もとてもこの役にハマっていて。
土門のもといいなずけの美古都を演じた稲森さんも美しく凛としていて
とてもよかった指でOK
この客演3人ががっちり魅せてくれて
その他魅力的なキャラがたくさんいて、舞台を盛り上げてましたぴかぴか(新しい)

う~ん目がハートしびれました~~~~~~~キスマーク

これもう一回見たいけど・・・・・・
チケットが高騰げっそり
大阪のは安く結構あるダッシュ(走り出す様)
11月堤さんの舞台がなかったら
行ってたかもしれませんダッシュ(走り出す様)
行く予定のない方、是非行ってみてください手(パー)
もっと書きたいことあるんですけど、
いい加減長いのでこのくらいで・・・・・・あせあせ(飛び散る汗)

+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+**+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
フォト
exclamation ×2お弁当、これ食べましたexclamation ×2
「蛮」「幽」「鬼」って名前の3種類お弁当の「蛮」です。

フォト
遊んでないで早くおしっこむかっ(怒り)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。