スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE POTSUNEN 2010 『SPOT』 (ネタバレあり)

2010.02.18.Thu.05:16
小林賢太郎 ソロパフォーマンス
LIVE POTSUNEN 2010『SPOT』
フォト
作・演出・出演:小林賢太郎

ラーメンズの小林賢太郎さんが横浜に来てくれたので行ってきましたexclamation ×2
特に意識しないでチケット買ったんですが、昨日初日だったんですねダッシュ(走り出す様)
POTSUNENとは、「ぽつねん」(笑)
小林賢太郎さんのひとり芝居の短編集だそうです。
これが、ものすごく面白かったexclamation ×2

全国回るらしいんで、ぜひ行ってみてくださいexclamation ×2
以下ネタバレあり要注意exclamation ×2








ほんとこの人って引き出しが多い人ですね~ハート達(複数ハート)
面白いし、声はいいし、演技もうまいし、そして緻密に練られた戯曲exclamation ×2
そしてなんといっても言葉遊び
今回グッズでトランプが売ってて買ったんですが
フォト

舞台の小道具にトランプが出てきます。
日本のことわざの文字がトランプ一枚一枚に書かれています。
そのトランプの文字を並べ替えて違う文章にしてしまうといったもの。

「腐っても鯛」を組み替えて
    「サイも食ってた」といった風(笑)


コバケンさんは机に座っていてプロジェクターで机の上がスクリーンに映し出されます。
最初取り出したトランプを並べると、机上にことわざの文字が。
それを一生懸命整理してまとめて、
トランプの上から一枚一枚返して並べると違う言葉になるという凝った方法で。
しかもカードをまとめる時にちゃんと内容がわからないようにまとめて
上から開いてちゃんと文章になっているというもの。
ことわざの数もたくさんだしあせあせ(飛び散る汗)
これってものすごく練習したんじゃないかしらexclamation & question
そして作り上げた文章の一つ一つが物語みたいにつながってるんですよexclamation ×2
しかも組み変えた文章にについて、イラストで笑いをとるといったオチ(笑)
このイラストはコバケンさんが書いたものと思われます。
シュールな絵(笑)
舞台上でカメラのセッティングや小道具のセッティングも全部ひとりでやってます指でOK
ラスト付近で「うるう年に生まれたついてない男」という話があったんですが、
その話の内容の概要が50音のひらがなが書かれたトランプを組み合わせた文字で文章になっちゃったんですexclamation ×2
しかも50音並べたトランプから、スス~ッとカードを並べて上から
一枚一枚開いてひと文字も間違いなく文章になったんですexclamation ×2
これには鳥肌が立ちましたあせあせ(飛び散る汗)
なんだか説明がうまくなくて伝わらないかもですが、実際見に行ったほうが早いです(笑)
そのほか、小噺あり、その演じ分けもうまいっ
パントマイムを取り入れた芝居もうまいし
また、ハンドマイムといった手の動きで表現するパフォーマンスもあり。
図形をパズルみたいにして形を変えて表現したり。
本当に多彩です
音楽と映像をうまく使った演出もGOOD指でOK光と影もうまく使っています。
各パートで使った小道具を舞台上に一つずつ並べてどうするのかなあ~って思ったら
ライトを当てて壁に映った影を見たら・・・・・・
なんと象の形にexclamation ×2
この象も中の話で出てきたもの。
ひとつひとつの伏線がパズルみたいにはまったみたいダッシュ(走り出す様)
いやあ~凝りすぎですって(笑)
なんとも不思議でほっこりするようなライブでしたハート達(複数ハート)
ラーメンズより好きかも。

フォト
プンむかっ(怒り)遊んでないで散歩しろむかっ(怒り)

昨日は雪が降りましたあせあせ(飛び散る汗)が、散歩コースでは梅が咲いてました。
春が近づいてますね~。
フォト
スポンサーサイト

凡骨タウン(ネタバレあり)

2010.02.10.Wed.19:43
蓬莱竜太さん作・演出なので行ってきましたダッシュ(走り出す様)
凡骨タウン  東京芸術劇場小ホール
フォト
作・演出 蓬莱 竜太
出 演 モダンスイマーズ
( 古山 憲太郎、津村 知与支、小椋 毅、西條 義将 )
萩原 聖人
千葉 哲也、緒川 たまき、佐古 真弓、辰巳 智秋


彼の作品は 新国立でやっていた「まほろば」で知りました。
劇が大きく動くわけではないのに セリフが生きているというか、揺さぶられる何かがあるんですよねダッシュ(走り出す様)
前川さんしかり、若手の注目株ですなダッシュ(走り出す様)
キャストも豪華ぴかぴか(新しい)
最近私何気にチバテツさんよくみてます指でOK

とても期待していたんですが・・・・・あせあせ(飛び散る汗)
長い・暗いむかっ(怒り)衝撃
1時間50分がとても長く感じあせあせ(飛び散る汗)
物語が過去・現在を行き来するんですが
正直一部の出演者の演技がイマイチでわかりづらく
イラッむかっ(怒り)

いい台詞やシーンがいくつかあるんですが
いかんせん暴力や殺人とか共感できない場面が多くてあせあせ(飛び散る汗)

主人公のケンは不幸な背景を背負った男。
生きていくためには 盗みを働いたりするしかなかった。
そこに現れた チバテツ演じる早乙女。
甘い汁を与えるかわりに自分の子分として彼をがんじがらめに縛り付ける。
高校にいかせてもらったりと恩義があり 逆らえず悪事に手を染めるしかなく 抗えない。
この世に生を受けるのに親を選べないのと同様 抗えない運命。
「あの時ああしていれば 自分の運命は変わっていたのではないかexclamation & question」と後悔しながら苦悩する主人公。
なにを選んでも同じだよと笑う早乙女。
果たしてそうなのか…exclamation & questionそうではないのか…exclamation & questionといった話。
ケン演じる萩原聖人

よくも悪くも印象が薄いむかっ(怒り)単調衝撃
苦悩が伝わってこないしなにがしたいのか はっきりしないむかっ(怒り)
見ていてイラッむかっ(怒り)
壮絶な過去を背負うケン。あんな背景があれば人間としてどこか壊れてるはず。
あんまり狂気を演じられてもヒクけど、あまりにも普通であせあせ(飛び散る汗)
感情が壊れてしまった冷たい目をした男を演じられる俳優がやってれば、
この芝居は生きていたんじゃないのかなあって思ってしまった。
また周りのキャストの演技もガチャガチャしすぎててむかっ(怒り)
冷めた目で芝居を見てた自分あせあせ(飛び散る汗)
緒川たまきさんは存在感と透明感がありましたぴかぴか(新しい)
早乙女演じるチバテツさんは流石です
得体の知れない早乙女という男を好演してました指でOK
彼が軸で舞台が回ってるような・・・・・。
彼こそ運命に縛られていて、自由になろうとしたケンに嫉妬をしていたんではないかなあ。
だから壊そうとしたのかなって思いました。
4500円というチケット代は安いexclamation
しかし違う演出家・キャストでやったらもっと面白くなったんでないかと思いました

カーテンコールは一回あせあせ(飛び散る汗)さ・さみしすぎるあせあせ(飛び散る汗)
フォト
なんか暗い芝居だったみたいだねえあせあせ(飛び散る汗)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。